基本的なこと

疲れているときや肌の調子が悪いとき、野菜不足を感じます。
なので、毎日できるだけ野菜をたくさん食べるようにしています。

頻繁に食卓にのぼることが多いのが、温野菜。
生で食べるよりもたくさんの量が食べられるし、体を冷やさないのが健康にいいとのこと。
野菜はお湯で茹でずに、蒸し器やスチーマーを使って蒸して食べます。
そうすることで、水に流れ出しやすいビタミンも効果的に摂取できるのです。

そのままで食べても野菜そのもののおいしさを味わえますが、野菜につけて食べるタレを工夫すれば、飽きずに食べることができます。
マヨネーズにワサビや明太子を混ぜるだけで、バリエーション豊富なタレが簡単にできますよ。

また、ニンジンなど油と一緒に摂取する方がよい野菜は、野菜炒めにしています。
お肉と一緒に炒めれば、旨味も増してご飯のおかずとしても満足できますよね。

毎日の食事によって栄養を取り込み、体が作られています。
そんな基本的なことを忘れてしまいがちですが、健康に過ごすためにも気をつけていきたいと思います。